ここが生え際最前線

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
直行直帰は早く帰宅できて嬉しいね
blogも短くしよう
なんて思ったので、ここでは失言問題について書いてみよう
医療費不適切発言のお詫びが出てた

それと産経でも出てた

で、根元の平成 20年第25回経済財政諮問会議議事要旨を見てみた
で、抜粋が以下

「67歳、68歳になって同窓会に行くと、よぼよぼしている、
 医者にやたらにかかっている者がいる。
 彼らは、学生時代はとても元気だったが、
 今になるとこちらの方がはるかに医療費がかかってない。
 それは毎朝歩いたり何かしているからである。
 私の方が税金は払っている。

 たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金を何で私が払うんだ。
 だから、努力して健康を保った人には何かしてくれるとか、
 そういうインセンティブがないといけない。
 予防するとごそっと減る。

 病院をやっているから言うわけではないが、
 よく院長が言うのは、
 「今日ここに来ている患者は 600人ぐらい座っていると思うが、
 この人たちはここに来るのにタクシーで来ている。
 あの人はどこどこに住んでいる」と。
 みんな知っているわけである。

 あの人は、ここまで歩いて来られるはずである。
 歩いてくれたら、2週間したら病院に来る必要はないというわけである。
 その話は、最初に医療に関して不思議に思ったことであった。
 それからかれこれ 30年ぐらい経つが、同じ疑問が残ったままなので、
 何かまじめにやっている者は、
 その分だけ医療費が少なくて済んでいることは確かだが、
 何かやる気にさせる方法がないだろうかと思う。」



要は、努力して摂生して医療費を抑えてくれてる人に対し
何かメリットか褒賞か、
そういったものを用意すればいいんじゃないかってことかな
予防が一番効果があるのだから・・・と。



努力して摂生した人と、不摂生した人の2種しか無いなら同意かなぁ
でも、大病を患ったとか、自己で障害を持った等、
努力と関係ないところで医療費がかかる人達もいるわけで
そういった人達に対しての何かがなければ反対だねぇ



という話じゃないのか?
だから、不適切かどうかは、個々が思うことなんだと思うんだ


努力関係なく
病院に通わないといけない人達への処遇が不明な以上、
私は反対だなと思うけど
次に、そのことも含んだ案が出て
いいなと思ったら賛成するかもしれないよ


上っ面の言葉だけを追いかけて
「不適切不適切」ばかりメディアは言うのかな
まぁ、さっき見たニュースではそうだった
大体、記事の見出しが「不適切発言」だもの


まぁ、前後の文脈まで報道して批判して欲しいなぁと思うんだ
この報道の仕方じゃ、メディアの格を落とすだけじゃないかと・・・



※別記

 日本人は「本音と建前」な人間性と言われる
 だから本音は嫌われる なんとなくわかる

 けれど、もう少し違うことを最近、思うんだ
 建前を本気に受け取ってないかな・・・


 奇麗事だけ言う人が好かれる雰囲気が不思議なんだよね
 職場で、奇麗事だけ言ってたら罵倒されないかい?(笑


 身の回りでそういった人達がいたら白い目で見るのに
 モニター越しにそういった人達を見たら応援してしまう二重性はなんなんだろう


 そんなわけで、今総選挙しても投票する政党ねーよ状態です
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://immie.blog23.fc2.com/tb.php/317-6d2b75dd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。